“當面”のいろいろな読み方と例文
新字:当面
読み方割合
たうめん66.7%
まとも33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しいきたと證劵飽迄りたかつたには、きた現在と、かられやうとする未來が、當面問題であつたけれども、えかゝる過去
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
他人む一其處自己のためには何等損失もなくて十口腹滿足せしめることが出來る。他人悲哀はどれ痛切でもそれは自己當面問題ではない。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎはるなときつける北風當面けて呼吸がむつとつまるやうにじてふと横手いた。れたにおつぎはひつけられたやうにひのつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎは當面けるのにはきつける土砂つて不快であつた。手拭くつて沿びせるれるのをつた。それでももとは疎略ではなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)