“前屈:まへかゞ” の例文
“前屈:まへかゞ”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花3
泉鏡太郎1
長塚節1
“前屈:まへかゞ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あわたゞしく擦上ずりあがらうとする、あしすなはなれてくうにかゝり、むね前屈まへかゞみになつて
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
おほきな下駄げた引摺ひきずつて、前屈まへかゞみに俯向うつむいた、瓢箪へうたん俯向うつむき
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さういふ間隔かんかくたもつて菅笠すげがさ前屈まへかゞみにたかゑられるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おどろいたかほをして、ちよつきをがつくりと前屈まへかゞみに、ひぢかに鯱子張しやちこばらせて、金時計きんどけいめながら、
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しな身體からだ半分はんぶん蒲團ふとんからずりしてたら、手拭てぬぐひかみつゝんですこ前屈まへかゞみになつてるおつぎの後姿うしろすがたえた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
PR