“みかど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミカド
語句割合
72.3%
御門13.8%
朝廷4.6%
三門2.3%
宮廷領1.5%
1.5%
先帝0.8%
國家0.8%
御朝廷0.8%
御皇0.8%
皇帝0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうど彼方の亭では、立座とみえて、公卿たちの群れの間から、供奉の人員へ、御車触れが、しきりに手合図され出していた。
正面には高さ四尺の金屏に、三条小鍛冶が、異形のものを相槌に、霊夢う、御門太刀と打ち、丁と打っている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
朝廷の大命の畏くて、故郷に残しおきつる妻子の今宵や指かがなへて帰るを待つらむなど、益荒武雄の心ながらも宛ら磯礁に砕くる白波に似たりけり。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
三門の町を流れる溝川の水も物洗うには、もう冷たくなり過ぎているであろう。
草紅葉 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
大陸から渡る新しい文物は、皆一度は、この宮廷領を通過するのであった。唐から渡った書物などで、太宰府ぎりに、都まで出て来ないものが、なかなか多かった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。
「……あの子はもうここにおりません。隠岐の先帝が、山陰の大山に拠って、み旗の兵をお集めと聞くやいな、菊王をかたらって、一しょに大山へってしまいました」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これに因りて悉にみて、國家安平ぎき。
食国御朝廷に、汝等りなば、平らけく吾は遊ばむ、手抱きて我は御在さむ、天皇がうづの御手もち、掻撫でぞぎたまふ、うち撫でぞぎたまふ、り来む日まむ
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
仁明の御皇御代でありましたが、羽田玄喜という医師がありまして、この里に住居して居りました。
真間の手古奈 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
が國の皇帝もすでに蒙塵と知らでやもはら獅子眠りゐる
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)