“立座”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りゅうざ66.7%
りつざ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“立座”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここでの、小憩もすんだので、かねて用意の別な乗物を、便殿べんでんの下に供えて、帝の立座りゅうざをご催促申し上げると、俄に
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、ひとごとのように笑った。——ちょうど彼方の亭では、みかど立座りゅうざとみえて、公卿たちの群れの間から、供奉ぐぶの人員へ、御車触みくるまぶれが、しきりに手合図され出していた。
すぐ立座りつざ行装触ぎょうそうぶれ、うしおのような人が動いて帰城となったが、松平家の幕屋と京極方の二所ばかりは、悲喜転倒のありさまで、薄陽うすびの暮るるころまで人影が去らなかった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)