“へた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下手86.2%
6.9%
4.3%
下拙0.5%
戸田0.5%
拙手0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いよ/\以つてお前とは附き合ひたくないよ。人の女房に惚れて、下手な碁などを打ちに通ふとは、何といふ間拔な深草の少將だ」
すべすべとふくれてしかも出臍という南瓜ほどな異形な者を片手でいじくりながら幽霊の手つきで、片手を宙にぶらり。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
イヤ、思はず識らずウツケ千萬な、ヌカリ切つてた石を下しさうな事では有るまいか。數學の問題が解決出來ぬどころでは無い。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「そんなに姉さんが恋しいの。人形のお話は、私も聞いて泣いていました。ほんとうに貴下、そんなじゃ情婦は出来ない。口説くのは下拙だし、お金子は無さそうだし、」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
戸田近く、汽船は断崖にひたひたと沿うて走る。切りそいだ崖の根がたにどばんどばんと浪の打ちあげている所もあり、またその根に狭く荒い石原があってそれに白々と寄せている所もある。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
多分まねが拙手なので、だらうとおもひまして、それからとふものは滅茶苦茶にしやべりけました。られればられるほどしやべりました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
ベーカーの説に、かかる紅海にも産し、ある海藻とともに諸香に合せ婦女の身をぶると、猫に天蓼ほど男子を惹きくる由。
その頃まで邦産なしと心得輸入品を用いおったが、ようやく右の地で捜し出たらしく、古人苦辛のほど察すべし。このばかりけばしきも、衆香にえて焼かば芳をし合香に必須だ。
文句色々へて、く、く、り、はふざけ、種々樣々いてやつた。中途たれては降伏するだから、持藥のつもりで毎日いた。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
此の人間の気が、ほとぼりに成つてつたと見える。ぐたりとしたやうに、手足を張つてばつて居た狂気武士が、びくりとすると、むくと起きた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
中身に縦横格子形に筋をつけ、なるべく底を疵附けぬようにして、そこへい油を少し引き、網を乗せた炭火にかけ、煮立ち始めると、を左の指で持って、で廻りからそろそろします。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)