“かなしみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悲哀44.3%
24.3%
悲愁7.0%
悲痛4.3%
哀愁4.3%
哀情4.3%
2.6%
哀傷2.6%
哀哭1.7%
悲歎1.7%
悲傷0.9%
哀惜0.9%
悲嘆0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういう人々は、墓詣りということが普通の習慣となってしまっているらしい。『時』が彼等の悲哀を磨り減らしたのであろう。
碧眼 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
婦人の婚姻に因りてる処のものはね斯の如し。して男子もまた、先人く、「妻なければ少く、妻ある身には多し」
愛と婚姻 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
顔はざめ、眼は悲愁の色をへ、思ふことはあつても十分に其を言ひ得ないといふ風で——まあ、情が迫つて、別離の言葉もとぎれ/\であつたことを話した。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ロミオ ローザラインと一しょぢゃと被言るか? 名前も、名前悲痛も、最早みんなれてしまうた。
日のくれぐれに、勝手口から井戸のそばに出て、平野をめぐる遠い山々のくらくなるのを眺めていると、身も引き入れられるような哀愁がそれとなく心をおそって来る。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
暫時無言で二人は歩いていたが、大友はく感じると、言い難き哀情が胸を衝いて来る。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
この声にされて、東洋の都市は歓楽もなく、哀傷もなく、ただ寝よ、早く寝よ、夢さえ見る事なく寝よとて暗くなって行くのだ。自分は、ヴェルレーヌの一句を思付いた。
曇天 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
仙界哀哭があるだろう、しかし蜜の髪のマルヴィンよ、今からあなたは私の妃だ」フェルガルが言った。
約束 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
見給はゞ嘸驚きもなさる可く又お歎もなさる可しと思ひ廻せばすほど死で行身は悲歎もあらねど後へお殘りなさる其悲歎は如何ならん不孝はおし下されと口には云ねど意の中おもひ打詫る涙はにせぐり來てと計に泣出さんと爲しが父や目を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
楽しい過去の追憶は今の悲傷を二重にして感じさせる。『あゝ、あゝ、奈何して俺は斯様猜疑深くなつたらう。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
暗くしい四辻の角のところへ出ると、頻に遠くの方で犬のる声が聞える。其時はもう自分で自分をへることが出来なかつた。堪へ難い悲傷の涙は一時に流れて来た。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ああ死! 以前世をつらしと見しころは、生何の楽しみぞ死何の哀惜ぞと思いしおりもありけるが、今は人の生命しければいとどわが命の惜しまれて千代までも生きたしと思う浪子。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)