青銅の魔人せいどうのまじん
冬の夜、月のさえた晩、銀座通りに近い橋のたもとの交番に、ひとりの警官が夜の見はりについていました。一時をとっくにすぎた真夜中です。 ひるまは電車やバスや自動車が、縦横にはせちがう大通りも、まるでいなかの原っぱのようにさびしいのです。月の光に …
作品に特徴的な語句
るい たま 上手かみて けん ぬの 飛鳥ひちょう つら くさり 縦横じゅうおう 知恵ぢえ 木立こだ あや まわ 尾行びこう 嘲笑ちょうしょう 納戸なんど にじ 蒔絵まきえ そう 義足ぎそく さけ 縁側えんがわ 網戸あみど 紫色むらさきいろ 観音かんのん 篠崎しのざき 築山つきやま 筒口つつぐち あな 召集しょうしゅう 疾駆しっく 異状いじょう 火焔かえん かね 金物かなもの くぎ 古墳こふん 厨子ずし じん 障子しょうじ 雪子ゆきこ 青銅せいどう 倉庫そうこ いただき ほお ひたい 介抱かいほう 一月ひとつき 巣窟そうくつ 捕縛ほばく 懇意こんい 呪文じゅもん 形相ぎょうそう 呼子よびこ とこ 平林ひらばやし くちびる にぎ 墜落ついらく 小林こばやし 家宝かほう ちゅう 妖術ようじゅつ 太一たいち 大戸おおど 猶予ゆうよ 断言だんげん 昌一しょういち 暗闇くらやみ 月島つきしま 台場だいば 未練みれん おけ 梯子はしご つち 母屋おもや 海亀うみがめ 湯屋ゆや 湯殿ゆどの 滑走かっそう 外套がいとう