“ひこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒコ
語句割合
33.3%
日子15.2%
秘庫15.2%
曾孫12.1%
卑狗3.0%
3.0%
小舌3.0%
曽孫3.0%
氷凝3.0%
皮狐3.0%
飛狐3.0%
飛鈷3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さんの方へってなってもらってるんだから、少しは楽にならなけりゃならない訳さ
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
十一月の末にはもう山上の日子の宮には禰宜も登らず、茶店もとじてしまうそうな。(英彦山は天照大神のみ子天忍穂耳尊天降りの地という)
英彦山に登る (新字新仮名) / 杉田久女(著)
……だが何時か、こんな親のこんな意志もと積つて、子供が駄目ならば孫、孫もに過ぎたら曾孫の代に、ひよつこり偶然のやうに人物が出て、偉い学問もして
愚かな父 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
夜はけた。彼女は椎のの上に、った笹葉の上に、そうして、な暗闇に垂れ下った藤蔓隙々に、亡き卑狗大兄の姿を見た。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
卑弥呼は薄桃色の染衣に身を包んで、やがて彼女の良人となるべき卑狗大兄と向い合いながら、鹿の毛皮の上で管玉と勾玉とをけていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
水戸の神の櫛八玉の神膳夫二一となりて、天つ御饗二二獻る時に、ぎ白して、櫛八玉の神鵜にりて、の底に入りて、底のひあがり出でて二三、天の八十平瓮二四を作りて
「これなるは流産め。」と喉の小舌
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
卒業する。郁子は二十二になるから、もう嫁に行って曽孫の一人も生んでいるだろう。敏子は二十で縁談が降るようにある
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
氷凝り雲層雲の群、重ね雲、寂び金の雲、下り雲ともわかず、薄ぎらひ山ともわかず、たださへもならぬを、たださへも果てしわかぬを、日の射すか末広の虹幾すぢか透きて落せり。
またある人、小野蘭山先生にたずねければ、「黄県志」の皮狐にちかしと答えられしとなり。雲伯俚俗、このものの人を悩ますことをいえども、人を悩ますものにあらず。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
屋の上で鴟の鳴くのは飯綱の法成就の人に天狗が随身伺候するのである意味だ。旋風の起るのも、目に見えぬ眷属が擁護して前駆するからの意味である。飯綱の神は飛狐っている天狗である。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
飛鈷地に落ちて嶮にひし古松の蔭、立木を其儘に結びたる一個の庵室、夜の嵐に破れ寂びたる板間より、漏る燈の影暗く、香烟窓を迷ひ出で、心細き鈴の音、春ながら物さびたり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)