“うらや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
94.8%
裏屋2.6%
裏家1.0%
卜者0.5%
浦屋0.5%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある友が水盤といふものの桃色なるを持ちしを見てはそのうつくしさにめでて、彼は善き家に生れたるよと幼心にみし事もありき。
わが幼時の美感 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
卑賤にそだちたる我身なればめより此上らで、世間裏屋れるものとめ、我家のほかに天地のなしとはゞ、はかなきひにえじを
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
はいく零落を致して裏家住いはして居っても人様の物を一厘一毛でもめるような根性は有りません
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かつら 兵衛どのとやら、お身は卜者か人相見か。初見参のわらわに対して、素姓賤しき女子などと、迂濶に物を申されな。は都のうまれ、母は殿上人にも仕えし者ぞ。
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
浦屋高尾がどれほど綺麗だろうが、楊枝見世のおがどんなに評判だろうが、とどのつまりは、みめかたちよりは、ってうという寸法じゃねえか。——よくきなよ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
泯滅 むに足らんや。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
今日もはた、をか
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)