“初見参”のいろいろな読み方と例文
旧字:初見參
読み方割合
ういげんざん42.9%
ういけんざん14.3%
しょけんざん14.3%
はつけんざん14.3%
はつげんざん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「オオ、山県蔦之助やまがたつたのすけが伊那丸君へ、初見参ういげんざんのごあいさつがわりに、ただいまそれへおとどけもうすでござろう」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
朝から見物に出掛けた……この初阪とは、伝え聞く、富士、浅間、大山、筑波つくば、はじめて、出立いでたつを初山ととなうるにならって、大阪の地へ初見参ういけんざんという意味である。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫婦は其の初見しょけんに在りと、初見参しょけんざんおりしかと申し聞ける事は、わしより母の機嫌を取り能く勤めてくれんではならぬ、又人間は老少不定ろうしょうふじょうということがある
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
こんな関係から、ハイドンはサロモンの勧誘を入れてロンドン行を決心し、一七九〇年の暮、ウィーンを出発して翌年正月ロンドンに初見参はつけんざんをした。ロンドンの歓迎は全く想像以上であった。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
で、これら初見参はつげんざんの面々に、黒旋風の李逵も加え、後世、この日のことをさして
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)