“初見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょけん83.3%
しよけん16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
普通初見しょけんの人が挨拶あいさつに用いる「ですか」とか、「ません」とかいうてにはで、言葉の語尾を切る注意をわざと怠らないように見えた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
金蓮はそのしなやかな両の腕を柳の枝のように交叉こうさして、初見しょけんはいをしながら、濃い睫毛まつげかげでチラと武松の全姿を見るふうだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夫婦は其の初見しょけんに在りと、初見参しょけんざんおりしかと申し聞ける事は、わしより母の機嫌を取り能く勤めてくれんではならぬ、又人間は老少不定ろうしょうふじょうということがある
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しかし自分の著作について初見しょけんの人から賛辞さんじばかり受けているのは、ありがたいようではなはだこそばゆいものである。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
誠に不思議な訳で、おらうちへ嫁に来ておら醜男ぶおとこで誠に何処と云って取り所も何もねえが、おらア精神を見抜いておめえの親父様もくれたゞから、末長く成るべいが、夫婦は初見しょけんにあると云うから
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
初見しよけん土地とちたいしても、すつとこかぶりもなるまいし……コツツンとおとのするまで、帽子ぼうし頂辺てつぺんたゝいて
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)