石太郎が屁の名人であるのは、浄光院の是信さんに教えてもらうからだと、みんながいっていた。春吉君は、そうかもしれないと思った。石太郎の家は、浄光院のすぐ西にあったからである。 なにしろ是信さんは、おしもおされもせぬ屁こきである。いろいろな話が …
作品に特徴的な語句
てる 頭髪とうはつ きょう 故郷こきょう げん 徐々じょじょ じょう 川漁かわりょう 寝起ねお 飛沫ひまつ 円木えんぼく 静寂せいじゃく 環境かんきょう 蝟集いしゅう 煩悶はんもん 狡猾こうかつ 肯定こうてい 義憤ぎふん 羞恥しゅうち 生彩せいさい 細工さいく 等等とうとう 窒息ちっそく 眼鏡めがね 百姓ひゃくしょう 画板がばん 野卑やひ 鼓膜こまく 高潔こうけつ 骨身ほねみ 風情ふぜい おもて かね 鋭敏えいびん はち 背中せなか 遠助とおすけ 逸品いっぴん 貧乏びんぼう 読本とくほん かく 観念かんねん 水藻みずも 藤井ふじい 動悸どうき 寸分すんぶん かべ 坂市さかいち 在郷ざいごう 土手どて 嗅覚きゅうかく 喧騒けんそう 口上こうじょう 引導いんどう 動作どうさ 凹凸おうとつ 傾聴けいちょう 倉卒そうそつ 修業しゅぎょう 依然いぜん 体操たいそう 不潔ふけつ 下知げち 教卓きょうたく 法会ほうえ 汚泥おでい 下劣げれつ 正直しょうじき 次第しだい 梵鐘ぼんしょう 朗々ろうろう 是信ぜしん 春吉はるきち 波紋はもん 敏捷びんしょう 放屁ほうひ 持病じびょう 拍子ひょうし 手工しゅこう 意識いしき 恥辱ちじょく 彩筆さいひつ 弟子でし