殊勝けなげ)” の例文
弦月丸運命最早、二甲板には一艘端艇い、くなりては今更をかはん、せめては殊勝なる最後こそ吾等である。
お若は面白いこともなくて毎日勤行を怠らず後世安楽を祈っているので、近所ではお若の尼が殊勝なのを感心して、中にはその美しい顔に野心を
取なとるゝに忠右衞門殊勝にも然らば父上御免をり御先へ切腹仕つり黄泉露拂ひ致さんとよくも短刀を兩手に左の脇腹へ既に突立んとする折柄廊下
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
善は急げと支度して、「見事金眸が首取らでは、再び主家には帰るまじ」ト、殊勝にも言葉をひ文角牡丹にを告げ、行衛定めぬ草枕、われから野良犬に入りぬ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
殊勝なこと、こうも立派な果し状を人につけるようになったとは。
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
はしく殊勝なる夫人が、印度洋波間えずなつたといては、他事はれぬと、そゞろにしたる大佐は、暫時していた。
に、經歴小説のやうです。』とつた暫時めてつたが、物語でも、春枝夫人殊勝なる振舞には、なからずかした樣子