“前後左右:ぜんごさゆう” の例文
“前後左右:ぜんごさゆう”を含む作品の著者(上位)作品数
伊藤左千夫1
押川春浪1
浜田青陵1
邦枝完二1
“前後左右:ぜんごさゆう”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
前後左右ぜんごさゆうけづつたやう巖石がんぜきかこまれ、上部じやうぶには天窓てんまどのやうな
前後左右ぜんごさゆうからその品物しなものることの出來できるのはじつ便利べんり仕掛しかけではありませんか。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
土平どへい前後左右ぜんごさゆうをおッいて、うもわぬも一ようにわッわッとはやしたてるにぎやかさ
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
大佐たいさわらひながらしづかにあゆすと、一同いちどう吾等われら前後左右ぜんごさゆう取卷とりまいて、家路いへぢむかふ。
前後左右ぜんごさゆう係累者けいるいしゃはまといついてる。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
PR