“さじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
68.2%
些事20.8%
瑣事6.3%
1.6%
佐治0.9%
茶事0.6%
佐次0.3%
左慈0.3%
鈎匙0.3%
鎖事0.3%
雉子0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると突然、私のうちに誰にともつかない怒りがこみ上げてきた。しかし私はいかにもましそうにスウプのを動かしていた。……
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
孔子の衣食住の些事をさえ記録している『論語』に、一語も言及せられておらぬという事実は、十分重大視せられてよいのである。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
これ嘉永五年十一月十五日のことである。市井のこの一瑣事に枕山は詩興を催したものと見えて、「万年青」と題する七言古詩を賦した。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
男木作りかとる者は肉団奴才御釈迦様が女房山籠せられしは、耆婆癩病接吻ポロリとしに愛想してならんなど疑う儕輩なるべし、あゝら尊し、尊し
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
因幡紙」の名で知られ、八頭郡の佐治とか、気高郡の日置村とか、その他の漉場からの紙が出されます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
陣中、茶事り、風雅にうつつ抜かす事、言語道断。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
用ひしとぞ右半四郎の親類に佐次右衞門と云者あり是は相應の百姓にて田地百五十石を所持なし居たりしが或時此佐次右衞門伊豫國松山の親類へ金子五十兩送るべき事ありしに大金の事故飛脚
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「わしは、魏王曹操とは、同郷の友で、左慈を玄放といい、道号は、烏角先生とも呼ばれておる。曹操に会ったら、話してごらん。覚えているかもしれないから」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鈎匙、小刀、、扇等、何にても水中へ投げ入れ、礼拝して通るに必ず雨ふるなり云々、また曰く、下野国佐野の家にも秀郷より伝えし鎧あり、札に平石権現と彫り付け牡蠣の殻も付きたり
その歌、『古今』『新古今』の陳套ちず真淵景樹窠臼に陥らず、『万葉』を学んで『万葉』を脱し、鎖事俗事を捕えりて縦横に馳駆するところ、かえって高雅蒼老の俗気を帯びず。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
「あんなにいうんだから、仲間にしてやってくださいよ。桃太郎だって犬、猿、雉子の家来が三人、辻講釈できくと、西遊記の三蔵法師にもけらいは三人、孫悟空猪八戒沙悟浄
幻術天魔太郎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)