“佐治”の読み方と例文
読み方割合
さじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
辛毘、あざなは佐治、これは潁州陽翟の生れ、大才の聞えにたかく、いまや魏主曹叡の軍師として、つねに帝座まぢかく奉侍している。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
因幡紙」の名で知られ、八頭郡の佐治とか、気高郡の日置村とか、その他の漉場からの紙が出されます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
ありゃ何ですかと事務長の佐治さんに聞くと、え、あれは英国の副領事だそうですと、佐治さんが答えた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)