“こうふく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
幸福82.4%
口腹5.9%
洪福4.2%
降伏1.7%
公覆0.8%
公服0.8%
口福0.8%
康復0.8%
康福0.8%
校服0.8%
興復0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなおでまじめで同情心の深い新吉は、やがてこういう人たちに見まれて、幸福な生活をするようになったにちがいありません。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
いかにも主人公のお説の通り、我々のしたる食道楽会は単に人の口腹ばしめるためではなく、これにって人の脳髄精神をも高潔正大になさしめる会合です。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
万古不朽洪福つ㕝奇妙不思議の天幸なれば、稀世珍物なり。
「すると、おめおめと降伏するんですか。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
一同、その一沓音にふりかえって、誰かと見ると、零陵泉陵の産、黄蓋、字は公覆といって、いま呉の糧財奉行、すなわち大蔵大臣の人物だった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
うて聞かれよ。——呉の黄蓋公覆、すなわち三江の陣にあって、先鋒の大将をかね呉軍の軍粮総司たり。この人、三代があいだ呉に仕え、忠節の功臣たること、世みな知る。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし、支店みっちゃんの方はうまいにはうまいが、旧式立食形なる軒先の小店で狭小であり、粗末であり紳士向きではない。ただ口福びを感ずるのみである。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
頭部に受けし貫一が挫傷は、くも脳膜炎を続発せしむべかりしを、肢体数個所の傷部とともに、その免るべからざる若干の疾患を得たりしのみにて、今や日増に康復の歩をひて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
朕祖宗遺列万世一系帝位カ親愛スル所ノ臣民チ朕カ祖宗ノ恵撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ康福ヲ増進シ其ノ懿徳良能ヲ発達セシメムコトヲ願ヒ又其ノ翼賛ニ国家ノ進運扶持セムコトヲ望ミチ明治十四年十月十二日ノ詔命履践大憲ヲ制定シ朕カ率由スル所ヲ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
校服はちゃんとはっきりしているのに、くびから上が、ぼんやりしているのだった。
透明猫 (新字新仮名) / 海野十三(著)
高倉宣旨木曾に普ねく渡りて、源氏興復の氣運漸く迫れる頃、入道は上下萬民の望みにき、愈〻都を攝津の福原にし、天下の亂れ、國土の騷ぎを顧みざるは
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)