“零陵”の読み方と例文
読み方割合
れいりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一同、その一沓音にふりかえって、誰かと見ると、零陵泉陵の産、黄蓋、字は公覆といって、いま呉の糧財奉行、すなわち大蔵大臣の人物だった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
荊州のうち長沙零陵、桂陽の三郡だけを呉へ還してくれる。それなら呉の面目も立ち、の妻子も助けられよう
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
湘江の西、零陵湖南省・零陵)から手をつけるのが順序でしょう。次に桂陽、武陵と取って、長沙へ進攻するのが自然かと思います。要するに、兵の進路は流れる水です。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)