右門捕物帖うもんとりものちょう16 七化け役者16 ななばけやくしゃ
——ひきつづき第十六番てがらにうつります。 事件の勃発いたしましたのは、五月のちょうど晦日。場所は江戸第一の関門である品川の宿、当今の品川はやけにほこりっぽいばかりで、さざえのつぼ焼きのほかは、あってもなくてもいいような、場末の町ですが、こ …
作品に特徴的な語句
とつ 重籐しげとう じゃ 河岸がし つげ あるじ 犯人ほし 未聞みもん 薩摩さつま あおい かさ 窮鼠きゅうそ 毛鞘けざや 稼業かぎょう とが 牽馬ひきうま はぜ 爾今じこん 烱眼けいがん 烱々けいけい 浜絽はまろ 河童かっぱ 河岸かし 遊山ゆさん 鷹揚おうよう 駕籠かご 頓首とんしゅ 音頭おんど 雪駄せった おか 鏑矢かぶらや やじり 鍼灸しんきゅう 金鋲きんびょう 蝦夷えぞ 通夜つや たつ 輿こし 越前えちぜん 赤穂あこう 貫禄かんろく 警固けいご 詮議せんぎ 詮索せんさく 伊達だて 参覲さんきん 勃発ぼっぱつ 公卿くげ 元和げんな そうろう 保科ほしな 供頭ともがしら 供槍ともやり 位牌いはい 双手もろて 伊豆いず 伊勢いせ 仁王におう 人楯ひとだて 些少さしょう 両卿りょうきょう 下司げす 一箭いっせん 一瞥いちべつ 悄沈しょうちん 一喝いっかつ 晦日みそか 星晨せいしん 撿校けんぎょう 捕物とりもの 按摩あんま 慧眼けいがん 惣菜そうざい 情婦いろ 棧敷さじき 恫喝どうかつ 徒侍かちざむらい 弓勢ゆんぜい 峻拒しゅんきょ おか 小菅こすげ 小禄しょうろく 寵愛ちょうあい 啖呵たんか
題名が同じ作品
右門捕物帖:01 南蛮幽霊 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:02 生首の進物 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:03 血染めの手形 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:04 青眉の女 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:05 笛の秘密 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:06 なぞの八卦見 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:07 村正騒動 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:08 卍のいれずみ (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:10 耳のない浪人 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:11 身代わり花嫁 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:13 足のある幽霊 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:14 曲芸三人娘 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:15 京人形大尽 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:17 へび使い小町 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:18 明月一夜騒動 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:19 袈裟切り太夫 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:20 千柿の鍔 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:21 妻恋坂の怪 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:22 因縁の女夫雛 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:23 幽霊水 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:26 七七の橙 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:27 献上博多人形 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:29 開運女人地蔵 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:30 闇男 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:31 毒を抱く女 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:32 朱彫りの花嫁 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:33 死人ぶろ (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:34 首つり五人男 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:35 左刺しの匕首 (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:36 子持ちすずり (新字新仮名)佐々木味津三 (著)
右門捕物帖:37 血の降るへや (新字新仮名)佐々木味津三 (著)