“前記:ぜんき” の例文
“前記:ぜんき”を含む作品の著者(上位)作品数
今村明恒1
泉鏡太郎1
泉鏡花1
牧野富太郎1
“前記:ぜんき”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
自然科学 > 植物学 > 植物学5.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
前記ぜんきごと地形ちけい沿岸えんがんおい多少たしよう被害ひがいることもある。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
室内しつないにて前記ぜんきごと條件じようけん場所ばしよもなく、また廊下ろうか居合ゐあはせて
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
前記ぜんきのとおりわがくに野生のいわゆるタチバナに、かくタチバナの名をたしておくのは元来がんらい間違いであるのみならず、前からすでにある歴史上のタチバナの本物と重複するから
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
景色けしきだ、とこれから、前記ぜんき奥入瀬おいらせ奇勝きしようくこと一ばんして、くちあさぼらけ、みぎはまつはほんのりと、しまみどりに、なみあをい。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いまおもへば、かねて一ぽん用意よういして、前記ぜんき郷土会記録きやうどくわいきろくするところ新渡戸博士にとべはかせの三本木ぼんぎ開墾かいこん講話かうわ朗読らうどくすればかつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)