“前記”の読み方と例文
読み方割合
ぜんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
景色だ、とこれから、前記奥入瀬奇勝くこと一して、ぼらけ、はほんのりと、に、い。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
前記但馬地震丹後地震きは初期微動繼續時間かつた稀有であるので、例外とみてるべきものである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
前記のとおりわが野生のいわゆるタチバナに、かくタチバナの名をたしておくのは元来間違いであるのみならず、前からすでにある歴史上のタチバナの本物と重複するから
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)