“ぬかるみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
泥濘93.3%
泥海0.7%
水潦0.7%
泥土0.7%
泥淖0.7%
泥濘路0.7%
泥路0.7%
泥途0.7%
濘海0.7%
行潦0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泥濘捏返したのが、のまゝいて、荒磯つたに、硫黄けて、暑苦しいんでるんですが。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
泥海に落つる星の影は、影ながらよりもに、見るものの胸にく。閃く影に善男子善女子は家をしゅうしてイルミネーションに集まる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
の女は自分の思う事をに云わせる。手をしては落度になる。向うでって転ぶのをおとなしく待っている。ただ滑るような泥海を知らぬに用意するばかりである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
我駒の行くところは、古かなもの、古畫を露肆の間にて、目も當てられずれたる泥淖にぞありける。
髮は二寸も延びて、さながら丹波栗の泥濘路にころがしたやう。目は? 成程獨眼龍だ。然しヲートルローで失つたのでは無論ない。恐らく生來であらう。
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
泥路に立った裸足の三人は、じいっと久松留守の四字を白眼んで動かなかった。
或長屋の角に立って、磐を鳴らして、霙混りの泥途の中に立って、やはり眼をって経を唱えていた。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
すると足が土とれ擦れになるまで車が濘海に沈んで来た。番頭は余の頭の上にあるごとく感ぜられた。余はたまらなくなって、泥の中へ飛び下りた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それから戸口へ廻る時、実際行潦へ左の足を腓腸まで蹈み込んだ。靴に一ぱい水が這入つた。女は今一枚で覆つてあるベンチのやうな寝台に腰を掛けて、靴を脱ぎ始めた。