“しろ/″\”の漢字の書き方と例文
語句割合
白々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のかゝり白々と、にも、圓髷つた細面氣高女性の、れたばかり、面窶れした横顏を、きもしない宿した途端に、スーとりて、
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
薄紅撫子と、藤紫小菊めく、友染辿ると、掻上げた黒髪毛筋いて、ちらりと耳朶と、して白々とある頸脚が、すつとて、薄化粧した、きめのかなのさへ
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ふといた横向きにつて、ほつれ白々としたくと、あのつた、とふと黒髮に、小枝きたる湧立がして、してたのである。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)