“しろしろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白々50.0%
白白50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛一筋も乱れない円髷のさず、白粉の濃い襟を据えて、端然とした白襟、薄お納戸のその紗綾形小紋の紋着で、味噌汁白々とした手を、感に堪えて見ていたが
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白白のオフェリアが、大きな百合かと漂つてゐたと。