“はく/\”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白々50.0%
薄〻50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓮根蓮根とははず、蓮根とばかりふ、よし、かにして東京所謂餅蓮根なり。郊外南北蓮池にて、紅々白々
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
薄〻の酒を酌むに、いや/\ながらも杯を重ぬれば、其の中にはおのづから酔ひて之を楽むに至るといふことを云へるか、或は又虚礼謙譲のしきを笑へる意の諺なるべし。
東西伊呂波短歌評釈 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)