“しら/″\”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白々85.7%
冷淡14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ卯刻半過ぎ、火事場歸りの人足が漸くらになつて、石垣の上は、白々と朝霜が殘つて居る頃です。
工事場所低地で、洪水が一すと湖水擴大してつに白々氾濫するのを、人工かれた堤防湖水とを區別するあたりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
邪推かは知らないが、どうもの校長の態度が変つた。妙に冷淡しく成つた。いや、冷淡しいばかりでは無い、可厭に神経質な鼻でもつて、自分の隠して居る秘密を嗅ぐかのやうにも感ぜらるゝ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)