“つめた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.2%
冷淡0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アラスカ農鉱学校で、農業にも鉱業にも関係のない北極光の研究などをしていたら、きっと周囲からい目で見られたに違いない。
アラスカ通信 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
る朝から、幸吉の態度は別人のように変りました、痩せ枯れた五体に、鋼鉄のようない筋金が入って、唯黙々と製作を急ぐのです。
天保の飛行術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
何となく冷淡い、今朝のお勢とは全で他人のようで。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)