“しら/\”の漢字の書き方と例文
語句割合
白々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると一心りましてか、満願の日に梅喜は疲れ果てゝ賽銭箱打倒れてしまふに、カア/\と黎明諸共白々が明けれますと
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
と其の夜一夜を祈り明かし、夜の白々と明くるを幸い、板子いたる道具にて船を漕ぎ寄せようと致しますると、一二丁は遠浅で、水へ入れば腰のあたり
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)