吾人の文明運動ごじんのぶんめいうんどう
諸君、本日は大日本文明協会のために諸君に一言するの機会を得たのを喜ぶ。我輩は実にほとんど五十年、即ち半世紀間、帝国文明のために全力を委ねておるものである。現在に於ても、また将来に於てもそのために畢生の力を尽して自己の生命の有らん限り、この運 …
作品に特徴的な語句
きょう たん へい あた あら 四方しほう いつ もと もとい りょう いたずら めい 御出おい いにしえ おい とら ひっさ あやま はなは 独逸ドイツ 畢生ひっせい あざむ しか 此処ここ 正宗まさむね 愚痴ぐち 相対あいたい かみ 神武じんむ 羅甸ラテン うらや しか 脳裡のうり 身体からだ 迂遠うえん 遠矢とおや 陋習ろうしゅう すこぶ 喬木きょうぼく 一臂いっぴ うち 今日こんにち 何時いつ にわか わず まぬか 其処そこ 出遭であ わか 勃然ぼつぜん 印度インド かえ いな 和尚おしょう 更代こうたい 四海しかい 国是こくぜ 大木たいぼく 如何いか 孫子そんし 容易たやす へい 御践おふ 愈々いよいよ はばか こしら 新手あらて うま