“たまご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タマゴ
語句割合
37.8%
鶏卵30.3%
玉子8.4%
卵子8.4%
鷄卵6.7%
弾込3.4%
雞卵1.7%
卵白0.8%
弾丸籠0.8%
0.8%
魂乞0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くてぞありける。あゝ、何時ぞ、よりつ、はたとちて、となり、水上よりしてカラカラとる。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
西瓜は奈良漬にした鶏卵くらいの大きさのものを味うばかりである。奈良漬にすると瓜特有の青くさい匂がなくなるからである。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
昌平橋へ高札のように貼って押し立てて、聖堂に通う学者の玉子に読ませて、江戸一円の笑い草にしたことさえありました。
昭和九年九月十三日頃南洋パラオの南東海上に颱風卵子らしいものが現われた。それが大体北西の針路を取ってざっと一昼夜に百里程度の速度で進んでいた。
颱風雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
カスタード(牛乳鷄卵とに砂糖れてしたるもの)、鳳梨、七面鳥燒肉、トッフィー(砂糖牛酪していた菓子)、それに牛酪つきの𤍠炕麺麭
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
「八之丞、清三郎。いちいち弾込めしていては手鈍い。鉄砲を取り代え取り代え、弾のあるかぎり撃て」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おもひまうけずして竜燈をみる事よとて人々しづまりをりしに、酉の刻とおもふ頃、いづくともなくきたりあつまりしに、大なるは手鞠の如く、小なるは雞卵の如し。
身体瓢箪型になって、触角がズット長くて……おまけにトテモ綺麗ですよ。卵白色と、黒天鵞絨色のダンダラになって……ホラ……ネ……
髪切虫 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ホーキンズ、君と私とは射撃にはあまり役にたたんから、そばに立ってて弾丸籠めをして手伝いをするとしよう。
その山に葬られた貴い、お方のが、塚のなかで、突然深いねむりから村びとたちの魂乞いによって呼びさまされるあたりなどは、非常に凄かったね。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)