“あくび”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アクビ
語句割合
欠伸89.8%
4.0%
悪日2.4%
0.9%
欠呻0.9%
呿呻0.7%
0.5%
呟呻0.2%
0.2%
悪火0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると警察医は、一寸そのままで黙っていたが、やがてゆっくり立上って大きく欠伸をひとつすると、ロイド眼鏡の硝子を拭き拭き
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
良久して芋蟲から煙管し、二つ三つをして身振ひしたかとふと、へ這ひみました、して
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
通していないんだから、くたくたのひょろひょろ、棒鼻にもたれてようやく立っているというばかり、ひでえ悪日もあるもンだ
だ方々へ行ったのだけれど、其を一々書くと夜半までかかる。又鮒のようにが出始めたから、是でお仕舞にしよう。夕飯までに写真を皆配って帰って来た。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
顴骨の高い、疲労の色を湛へた、大きい眼のどんよりとした顔に、唇だけが際立つて紅かつた。其口が例外れに大きくて、欠呻をする度に、鉄漿の剥げた歯が醜い。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
うしてるうちに、階下では源助が大きなをする声がして、てお吉が何か言ふ。五分許り過ぎて誰やら起きた様な気色がしたので、二人も立つて帯を締めた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
素知らぬをしてるのは、干からびた塩鱒の頭を引擦つて行く地種の痩犬、百年も千年も眠つてゐた様な張合のない顔をして、日向呟呻をしてゐる真黒な猫
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
念仏まぜまはししがをぬきて居たり。
(黒髪のその呪詛の火を払い消さんとするや、かえって青き火、幣に移りて、めらめらと燃上り、心火と業火と、もの立累る)やあ、消せ、消せ、悪火を消せ、悪火を消せ。ええ、あかぬ。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)