“みとれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
見惚83.3%
恍惚16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に見ず知らずの者に四十金恵んで下さるとは何たる慈悲深い人だろうと、我を忘れて惚れ/″\と見惚て居りまして、思わず知らず菓子の包みをバタリッと下に落しました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見て疑念を散ずべしと彼二品を差示せば大膳は此品々を受取御墨附を拜見するにしく徳太郎君の御名乘に御書判をさへられたり又御短刀を拜見し暫く見惚て有りしが大膳に座を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見物あれと無理にむる故毎度の然々るも氣の毒と思ひ或日夕暮より兩人同道にて二丁町へ到り其處此處と見物して行歩中常盤屋と書し暖簾の下りし格子の中におときといふ女の居りしが文藏不※恍惚みける佐五郎はやくも見付か文藏に私語其家へ上りしがにて文藏は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
如夜叉と思ひ込し物堅き長三郎も流石木竹に非れば此時戀風襟元よりしてみ娘も見たる其人は本町業平俳優息子綽名の有は知らざれどなる美男なれば是さへ茲に戀染めて斯いふ男が又有らうかいふ女が又有らうかと恍惚茫然霎時言葉もあらざりしが稍々にして兩個心附ては
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ぎ掛け忠兵衞なれば恍惚もせず其儘へ入たればは見ねども一寸るさへ比ひなる美婦人と思へばの若旦那が見染て思ひ道理要こそあれと主個に向ひチト率爾なるお願ひにて申し出すも出しにくきが吾儕は本町三丁目小西屋長左衞門方の管伴にて忠兵衞と申す者なるが今日出番かた/″\にて御覽の通り丁稚
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)