“なご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナゴ
語句割合
62.2%
名残31.1%
2.2%
名殘1.1%
名子0.7%
0.7%
0.7%
那古0.7%
名護0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杯は、やかな主従のあいだを、幾たびも往復する。こういう打ち溶けた待遇は、一族の者でも、めったに恵まれないものであった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると、百姓は名残り惜しそうに、箱をガタガタ両手でゆすぶってみたり、箱の裏側へなんということもなしにってみたりする。
南方郵信 (新字新仮名) / 中村地平(著)
かしい、希望ちた、は、かなりうございました。しかし、そのうちに、となったのであります。
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
る/\に、大陸名殘りなく、眼界せてしまうと、其内はだん/\しくなつてて、はては印度洋で、著名颶風つてしまつた。
下人名子は他人に所属するもので、大宝令に所謂家人奴婢に相当するものなるが故に、間人よりも一層社会的地位の低いものと認められ、したがってその夫役負担もまた間人の家族と同じく
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
お雪の心は、悲しいほどまっていた。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
はこちらで修行場が三ほどかわりました。最初岩屋修行場、そこはなかなかうございました。
負はれ來し那古の砂濱ひとり來て濱鼓子花を摘まむ日や何時
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)