“やわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
52.0%
36.9%
7.6%
夜話1.5%
0.5%
柔媚0.5%
柔弱0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、信長は藤吉郎をでさして、金ヶ崎の攻撃は意味のない戦だというので——と、ややらげて、ありのまま、家康に語った。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は直立して三〇センチメートル内外となり、心臓状円形で葉裏帯紫色の厚いらかな全辺葉互生し、葉柄本托葉えている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ったり、を切ったり、細かい面倒を見てくれる若い葉子のらかい手触りは、ただそれだけですっかり彼女を幸福にしたものだったが
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
どこまでも奇妙な築地夜話であった。
東京要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
其れがらかな日光にみ、若くは面を吹いて寒からぬ程の微風にソヨぐ時、或は夕雲に青黒くす時、花何ものぞと云いたい程美しい。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
七月中旬、梅雨があけると、真剣に暑くなる。明るい麦が取り去られて、田も畑もに返える。然し其は春暮らかな緑では無い、日中は緑のく緑である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
源次という男は仕事にかけると三丁下りの癖に、口先ばっかりのどこまで柔媚いかわからん腹黒男ぞ。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
まだ角も生えねえ柔弱な奴でしたが、親の恨みは通うものか、朝は早くから野山羊と角押しする、郵便配達を追いかけるワ、橄欖畑を蹴散らすワ、一心に修業に心を打ち込む有様というものは
あんまり不思議なので上衣のポケットに両手を突込んでみると、右手には新しい四ツ折のハンカチと鼻紙、左手には幾何這入っているかわからないが、らかに膨らんだ小さな蟇口った。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)