“けんのん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケンノン
語句割合
剣呑43.5%
険呑26.1%
危険18.8%
険難5.8%
險難1.4%
剣難1.4%
危險1.4%
劍呑0.7%
劍難0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしそれにしても刃物は剣呑だから仲見世へ行っておもちゃの空気銃を買って来て背負ってあるくがよかろう。愛嬌があっていい。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこでコンナ処に居ては険呑だと気が付いたから、出来るだけ深く水の底を潜って、慶北丸の左舷の艙口から機関室に潜り込んだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「何、叔母さんさえ信用するんなら、船だけ借りて、ぐことは僕にも漕げます。僕じゃ危険だというでしょう。」
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だが、その吠える声になんらの険難はありませんでした。それは自他の警戒のために吠ゆるのではなく、むしろ驚異のために吠えたようなものです——
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
さまはだ、險難至極な燈臺だ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
さアそうなると、わたしの手紙が此室にあると剣難です。わたしの名誉だって危いわ。いいえ、貴方が何処へ隠したって駄目。結局嗅ぎ出されるにきまっていますからね。
ふみたば (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
『醉つて? うです、少しつて來ました。だが女一人で此路は危險ですぜ。』
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
何處山氣があるんだからないんで、少々劍呑になつてるんですよ。でもれてゐるうちは、まあうかしてゐるだらうつてつてきます。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
御母さんはつてるから劍呑だ、けないと卒中られるかもれないと、安之助始終心配するさうだけれども、御米からはせると、心配する安之助も、心配される叔母
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
願哲 刃物をふりまはしては劍難だ。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)