“あぶな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アブナ
語句割合
76.9%
危険10.6%
浮雲5.6%
危險2.5%
危篤1.3%
危殆0.6%
危懼0.6%
危難0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、どこまで一所になるか、……稀有な、妙な事がはじまりそうで、っかしいにも、内々少からぬ期待を持たせられたのである。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
危険いとも、恐ろしいとも何とも感じないまま船橋の上から見下ろしていたものだ。恐らく側に立っていた船長も同様であったろうと思う。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
失ひたるは止事を得ず怪我のなかりしが幸ひなり實に浮雲き事成しと語りつ聞つ兩人は道を急ぎて辿りけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼所がもういといけれども」と危險がるので、よく宗助からはれたがあつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「金ちゃん、紋也さんが危篤いんだよ」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「うむ、待て、危殆い! 待てと言ったら待て!」と、小平太は狼狽えながら、その手を振り放そうとした。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
「そうだ、兄が本当に主家を憂うる真心から、ああ言って俺に迫ったのなら、俺はこのまま兄の言うことを聞いて、同志を裏切るような気になったかもしれない。危殆い、本当に危殆いところだった」
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
鬱然とした危懼さがまたあって、まだ何かありはしないか、ありはしないかと、全身の毛が一本一本逆立ってゆくような焦だたしさを覚えてくると、はしなく眼に止まったのは
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「氣をつけないと危難いぞ!」と、徳二郎は上から言つた。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「あれ、おうございますよ。さうして大相召上つてゐらつしやるやうですから、ともかくもお俥でおあそばしまし」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と男はいうと彼女の手首をまえて背を向けると両手で彼女の足を抱いて歩き出した。母は男の背の上で「い険い。」と笑い声でいった。
(新字新仮名) / 横光利一(著)