“あやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.6%
4.8%
危急0.8%
危険0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
細身造りの大小、羽織の盛装に、意気な何時もの着流しよりもぐっとの高く見える痩立身体いまでに前の方にまっていた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
たりたり。独立して改めず。周行してからず。もって天下の母となすべし。その名を知らず。これをして道という。いてこれが名をなして大という。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
われられて、る日人間の家に踏み込み、打擲されし上に、裏のがれて、明けなば皮もれんずるを、この鷲郎に救ひされ、危急き命は辛く拾ひつ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
ト、胸をでつつ物語れば。聴水は打ち笑ひ、「そは危急かりし。 ...
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
危険く見えましてございますのであなた様をお呼び致しましたが……あの時にはどうやらあなた様には、門の内外でどなた様かと、お話ししておいでなさいましたようで
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)