“彼:あゝ” の例文
“彼:あゝ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝2
木下尚江1
“彼:あゝ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かし、貴様、剛造の様な食慾無情の悪党に、あゝいふ令嬢むすめの生まれると云ふのは、理解すべからざることだよ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
私は小鹿野をかのの奥の権作ごんさくと申しますもので、長左衛門様には何程どれほど御厚情をかうむりましたとも知れませぬ、——さわぎで旦那様はあゝした御最後——が
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
其の内あゝいう杜漏ずろうな商売の中にいて貴方あんたが正しく私は武士さむらいの娘だがという行いを、当家の主人がちゃんと見上げて、是こそ女房という訳で、此方こちらへいらしったのだが、貴方あなただってもまア
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と丹治が手紙を読みました故、おかめはこれをいゝ機会しおにして分家へ話をすれば、分家のじゝいは堅いから多助を追出すのは手間暇いらずだから、斯ういう都合にしましょう、あゝいう都合にしましょうと密々話ひそ/\ばなしをしている所へ、何にも知らず、仏と云われる多助が帰ってまいり、勝手の方から上って来て、
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)