“てだて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手段72.2%
方便6.5%
方法4.6%
手策3.7%
手立2.8%
手術2.8%
2.8%
1.9%
手便0.9%
方術0.9%
詮方0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かう見たところ、家の中には、私を狙ふほどの者が居さうも無いのに、私は毎日、何んか變つた手段で、脅かされて居るのでございます。
何の顏さげて人にれん然れば其時ぬるより外に方便も無き身なればかれ早かれ死ぬ此身とても死ぬなら今日只今長庵方へ押掛
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
父はまた添付して、世に出て身を立てる穢多の子の秘訣——唯一つの希望、唯一つの方法、それは身の素性を隠すより外に無い
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
いわれは、久しく切所引籠って行蔵をつつみ、手策のなかりし柴田めも、いまみずから牢砦を出で、勝ちにって遠く陣を張れるは、まさに、勝家が運の尽きよ。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さらば又と来ざらんやうに逐払ふべき手立のありやと責むるに、害をすにもあらねば、宿無犬の寝たると想ひてるなとのみ。くまじき如きをに夫には学ばじ、と彼は腹立く思へり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
茶めし餡掛、一品料理、一番高い中空の赤行燈は、牛鍋の看板で、一山三銭二銭にぐ。蜜柑林檎の水菓子屋が負けじと立てた高張も、人の目に着く手術であろう。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
を尽くして防ぎ止めんとせしかいもなく、目には見えねど浪子の病はに募りて、三月の初旬には、疑うべくもあらぬ肺結核の初期に入りぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
といつも軍人ぶりのこと葉つきあらあらしきに似ぬやさしさに、兼ねてといはむかく答へむとおもひし、胸にたたみたるままにてえもめぐらさず、心のみ弱うなりてやみぬ。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
見するも過世因縁か不便の者をとちしが我から心を鬼になし道途に迷ふ親の身をかる手便は此乳子を捨るより外に思案なしと我が子の寢顏を打め涙ながらに心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ゆえに、火攻めの計を用うるには、まずその前に方術をめぐらし、曹軍の兵船をのこらず一つ所にあつめて、をもってこれを封縛せしめる必要がある
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かく詮方ありと皆々に物語る處へ取次戸村馳來り只今町奉行方より平石次右衞門使者に參り口上の趣きには天一坊樣御歸り後大岡氣脱し候や癪氣さし起り候に付今日より引籠候との由なりと云ふに山内是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)