“けむり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
54.1%
42.5%
噴煙0.6%
炊煙0.6%
煤煙0.6%
呆然0.3%
莨煙0.3%
紫煙0.3%
香煙0.3%
黒煙0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥部野一片のとなって御法の風に舞い扇、極楽に歌舞の女菩薩一員増したる事疑いなしと様子知りたる和尚様随喜の涙をされし。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
もう加減いてつて、がお仕舞になつたかと時分には、またふの谷間板屋根からるのがえました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼は今朝からほとんど半日の間、何者を待っているのか、何の瞑想に入っているのか、とにかく、立ちもせず身動きもせず、正面の浅間噴煙と向い合ったままじっとしていた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして労銀が下層にまでゆき渡るほど、町々の灯や炊煙にも、庶民の謳歌があらわれてくる。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「俺は確かに煤煙を見たよ」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
秋田とサガレンと、鹿児島と千葉の呆然のような女達が、カフェーのテーブルを囲んで遠い古里に手紙を書いている。
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
煙草のけむり、女の呆然
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
心境の御変化はどういう理由で……あなた個人の、身辺的事情?……それとも、土地柄政治的原因で……と包囲攻撃のなかで静かに莨煙をたて、折竹は憮然とガウンの紐をいじっている。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その莨煙のなかで暫くのあいだ、折竹はじっと考えていたが
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
うそさむい 瑠璃色の空に紫煙を流した
一枝について (新字旧仮名) / 金鍾漢(著)
その祭壇の神々しさ! 遥かの奥の厨子の内には十字架に掛かった基督の像と嬰児を抱いたマリアの像がゆる香煙いながら幻影のように立っている。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)