“けむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
64.4%
33.5%
0.8%
0.4%
蒸気0.4%
蒸氣0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは、この間の言い合い以来、この男がいささかたくなったと同時に、しん底から彼にきつけられるような気持もしていた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
波は漾々として遠くり、月はに一湾の真砂を照して、空も淡白き中に、立尽せる二人の姿は墨のりたるやうの影を作れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
山岸は力のつよい小波のように動きはじめた雰囲気を強いて無視し、わざとらしくたそうに眉根をめて丸っこい手ですったマッチから煙草に火をつけている。
乳房 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
過了ギテ残雨リ/江上九月尚風多シ/縄枢我ハ擬ス今ノ原子ニ/屋漏誰カ思ハン古ノ魯公ヲ/暮歳期有リテ床下ニ蟋アリ/故人無シ水辺ノ鴻/一家ベテク悲秋ノ感/貧病相依ル風雨ノ
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
赤飯しいな、今日なんだ、山下つた時、ぽツ/\と蒸気つてたからひてえと思つたんだが、さうか、其奴有難えな、はう。
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
そこで女中をして近所燒芋はせ、せて、へあの名筆て、く「御浮氣どめ」プンとつて、三筋ばかり蒸氣を、あちらから、おつかひもの、とつてた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)