“えた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
得堪28.0%
穢多28.0%
得立16.0%
屠者4.0%
得耐4.0%
恵多4.0%
燕丹4.0%
4.0%
4.0%
4.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おもてを並べて、可哀あはれなる吾をば笑ひののしりもやせんと想へば、得堪えたへず口惜くちをしくて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
浪子は忿然ふんぜんとして放ちたる眼光の、彼がまっ黒き目のすさまじきに見返されて、不快に得堪えたえずぞっと震いつつ、はるかに目をそらしぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
文字には「天部あまべ」または「余部あまべ」とも書きまして、もとは皮田かわたとも穢多えたとも言われておりました。
夜は宿中しゅくじゅう旅籠屋はたごやまわりて、元は穢多えたかも知れぬ客達きゃくだちにまでなぶられながらの花漬売はなづけうり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と寄ってたかって声も得立えたてない女を、びしびしとさいなんでいる有様、見兼ねた新九郎は前後を忘れてばらばらと躍り出した。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こっちでお米が声を筒抜つつぬかせた。——ハッと思って眼をみはるとお藤の体はグッタリして、仲間ちゅうげんの脇の下にい込まれ、声も得立えたてずズルズルと川縁かわべりへ。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「臥雲日件録」のその同じ文安三年十二月二十一日条に、当時の屠者えたの事を評して、「蓋人中最下之種」と侮辱極まる言辞を用いているのも、畢竟僧侶の同一見地から出た悪口わるくちで、当時彼らの見る旃陀羅の地位を言いあらわしたものなのである。
短い夫婦みょうとの契り——ほんとに、夢だったかもしれないと、得耐えたえず門柱にりかかった千浪は、いつしか地に伏して泣きじゃくっていたのだった。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
どうでそれが発音をあらわすための仮字である以上、いかなる漢字を使用してもよいのであるから、自分は彼らの将来に天恵多からんことを祝福して、「恵多えた」という文字を使用したいと思う。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
また燕丹えたとも云い、渡守・山守・草履作・筆結・墨子・傾城・癩者・伯楽等は
ぢいえたくしてんだつけな、そんぢや先刻さつきくすりつてもらあとこだつけな」おつぎは卯平うへい手先てさきにしてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
えたえて、いずれも紋床々々と我儘わがままを承知で贔屓ひいきにする親方、渾名あだな稲荷いなりというが、これは化かすという意味ではない
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
林「へえ有難ありがてえ是れは……ひえ頂戴えたしやす……有難え、まアまるで夢見たような話だという事さ、おけくさん本当にお前さん、私が此処こゝへ奉公に来た時から、ほんに思って居るよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)