“いつまで”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
何時迄90.0%
何日迄5.0%
永久5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事態いよ/\迫るれはいよ/\るに違いないと鑑定かんていして、内の方の政府を見れば何時迄いつまでも説が決しない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
斯う丑松は考へ乍ら、斯の何時迄いつまで児童こどものやうな、親戚も無ければ妻子も無いといふ鐘楼の番人に長の別離わかれを告げた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
としわかだけすべてに性急せいきふ小六ころくは、あにたのめば今日明日けふあすにもかたくものと、おもんでゐたのに、何日迄いつまでらちかないのみか、まだ先方せんぱう出掛でかけてもれないので、大分だいぶ不平ふへいになつたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そなた侍女こしもと蛆共うじどもと一しょにおれ永久いつまで此處こゝにゐよう。