“無我夢中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むがむちゅう83.3%
むがむちゆう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
床屋伝吉が、笠森境内いたその時分春信住居で、菊之丞急病いたおせんは無我夢中でおのが敷居いでいた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
おなかはすき、からだはへとへと、そして頭がおっこちそうにい。新吉はただもう、無我夢中で働いていました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
旦那さまだとて金滿家息子株藝人たちに煽動られて、無我夢中かれつとはふて心底おもしろくんだのではありますまい、いはゞ疳癪へ、らしといふやうな
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これでは證人元氣づかうがありませんでした、ぶる/\へながら、氣遣はしげに女王樣ましたが、やがて無我夢中で、つて茶腕牛酪麭麺間違へて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)