“無中”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むちゆう75.0%
むちう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千利休がある時昵懇なじみの女を、数寄屋すきやに呼び込んで内密話ひそひそばなし無中むちゆうになつてゐた事があつた。
らずらずの間に、私の想像力がたくましうして、無中むちゆういうを生じた処も無いには限らない。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
そして無中むちうに有を見るに苦んだ。
心理の縦断と横断 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)