“無中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むちゆう75.0%
むちう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
独語を言ひ/\、てつきり狸がの上につかゝつてゐるものと思つて、誰でもが唯もう無中になつて頭の方ばかり気にする。
らずらずの間に、私の想像力がうして、無中を生じた処も無いには限らない。しかし大体の上から、私はかう云ふことが出来ると信ずる。私の予想は私を欺かなかつた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
猜忌、嫉妬、疑惑、さういふものが常に全身を圧した。そして無中に有を見るに苦んだ。時には魂も亡ぶやうな苦しみを苦んだ。
心理の縦断と横断 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)