“往:いつ” の例文
“往:いつ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝2
岩野泡鳴1
“往:いつ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
となりいつてノ蚊帳かや釣手つりてを打つんだから鉄槌かなづちして下さいとつてりてい。
吝嗇家 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「でも、ええ氣になつて、引ツ張られていつたぢやないか?」
へえ……いつまゐりました。
吝嗇家 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
いつまゐりました。
日本の小僧 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)