“せいしう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
正秀40.0%
清秀20.0%
勢州10.0%
政周10.0%
清周10.0%
青州10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此時病床にありし門人○木節(翁に薬をあたへたる医なり)○去来惟然正秀之道支考呑舟丈草乙州伽香以上十人なり。
十度、これをひたるものは、れし 清秀にしてし。ふこと二三度なるものは、尋常中位、まるきり洗濯をしないのは、昏愚穢濁にして、淫亂だ、とへたのである。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
もすべきに御不運にて御早世なりしは返す/″\も殘念なりと泣悲しむもりとこそけれ扨も八代將軍には或時御側御用取次に御尋ね有やうは先年勢州山田奉行を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
出し東海道廻遠難所にても山越に御下向有べしとて勢州田丸街道へ先觸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此女は八右衛門の歿後に里方法成寺村の門田氏に帰り、男子一人はとなつて門田政周に養はれ、其子儀右衛門政賚の弟にせられた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
腹の中には岩下清周氏などの持つてゐさうな、色々な変な物があつたが、農夫は綺麗に水でそれを洗ひ落してしまつた。豚はトルストイ信者のやうに清浄な身体になつてはつた。
和尚如何だナ扶持でもしてくやうにかせて、茶の呑倒しを、コレハ先生よくこそ御来臨より到来銘酒、これも先生に口をくは、青州従事好造化などゝかぢりと
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)