“丈草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうそう66.7%
ぢやうさう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近江には丈草許六尚白智月乙州千那正秀曲翠珍碩李由毛紈程已などと申すようにしく出て、皆腕こきのしたたか者です。
俳句上の京と江戸 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
丈草だね。……そうか、しばらく来なかったな」
冬の日 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
此時病床にありし門人○木節(翁に薬をあたへたる医なり)○去来惟然正秀之道支考呑舟丈草乙州伽香以上十人なり。
其角風雪去来丈草野坡杉風北枝凡兆支考……」