“二三度”の読み方と例文
読み方割合
にさんど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……灰色禿げた古鼠が、八九疋小鼠をちよろ/\とれてて、日比谷一散歩つたで、ぐらゐに、ぐるりと一巡二三度して、すましてつてく。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
十度、これをひたるものは、れし 清秀にしてし。ふこと二三度なるものは、尋常中位、まるきり洗濯をしないのは、昏愚穢濁にして、淫亂だ、とへたのである。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
坊主二三度いた。で、せた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)