“古鼠”の読み方と例文
読み方割合
ふるねずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠近の森にむ、か、と見るのが相応しいまで、ものさびて、のそ/\と歩行く犬さへ、を走る古鼠かと疑はるゝのに——
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
そして、灰色の頭の古鼠どもは邸のどの部屋にもいて、真昼間から臆面もなく、穴を出たり入ったりけまわっている。要するに、ジョンは一門に長く伝わったものはなんでもめたてるのだ。
……灰色禿げた古鼠が、八九疋小鼠をちよろ/\とれてて、日比谷一散歩つたで、ぐらゐに、ぐるりと一巡二三度して、すましてつてく。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)